幼児教育無償化

ちょっとちょっと、聞いてよ、松尾市長。

おや、どうしました?

ボクのおばあちゃんが「7人も兄弟がいたのよ、おホホホ」って威張ってて、なんだか悔しいんだ!

いや、威張ってるんじゃなくて、少子化を心配されているのでは?

確かに子どもの数が減ってるって話はよく聞くよね。鎌倉市もそうなの?

残念ながらそうなんですよ。

あらら〜

平成27年度の最新データでは、鎌倉市の合計特殊出生率は1.2。つまり1人の女性が一生で産む子どもの数が平均して1.2人というわけです。日本全体では1.45ですから、全国的に見てもすごく低い数字なんです。

子どもはたくさんいた方が楽しいのにねえ。

はい、子どもたちの元気な声が聞こえると、街全体も元気になる気がします。

鎌倉の人たちは、昔に比べて子どもが嫌いになったってこと?

いえいえ、そんなことはありません。市民の皆さんに「何人ほしいですか?」と質問したら、平均で1.74人というお答えでしたから。

じゃあ、本当はもっと子どもがほしいのに持てないってことか。

そうなんです。その一番の理由が経済的な問題。先立つものがなければ、ということですね。

子育てってお金がかかるんだね。

ええ。そこで鎌倉市では、今年から2人目以降の幼稚園保育料を実質無償化しました。今後はさらに、幼児教育(保育園、幼稚園など)の無償化を実現したいと思います。

え、じゃあ、3人目も4人目も、おばあちゃんのように7人でもタダ?

もちろん! 
ほかにも小児医療費無償化を中学3年生まで拡大しました
国、県にも財源確保の協力を求めるなど、もっと子育てしやすい市にしていきます。
自信、ありますよ!

Q&A 一覧

子育て・教育

福祉

行財政改革

街づくり

pagetop