4年間の実積

実績集はダウンロードしてご覧ください。

 

平成21年11月1日に第21代鎌倉市長に就任させていただき、「負担や課題を次世代に先送りしない、責任ある市政の実現」に向けて取り組んでまいりました。

多額の将来負担が予定される事業の再構築や人件費の削減をはじめとする行財政改革を1つ1つ積み上げ、持続可能な財政基盤の立て直しに一定の成果を上げるとともに、平成23年3月11日に発生した東日本大震災における教訓をもとに、市民の方々と共に安全安心な鎌倉のまちづくりに取り組んで来ました。

この実績集は、その1つ1つの取り組みを、4年前に掲げたマニフェストに沿ってまとめたものです。達成できたもの、まだ取り組み途中の課題も含めて掲載しています。非常にボリュームのある内容となっていますが、メディア等では取り上げられない詳細な取り組みについても掲載しています。一人でも多くの市民の皆さんにお読みいただき、鎌倉市政の課題、私の問題意識や想いを共有していただきたいと思います。

1期目4年間で、行財政改革・職員意識改革など市政の土壌を改良し、数々のプロジェクトチームを立ち上げるなど種蒔きを行い、市民の皆さんとの協働事業など次々に新しい芽が出始めています。
この次の4年間では、この芽を市民の皆さんと共に育て、大輪の花を咲かせ、持続可能な鎌倉市政を実現して行きたいと思います。
引き続きのご理解ご協力をお願い致します。

松尾 崇


もくじ

以下の8つのカテゴリーに分けて、実績をご紹介しております。

 

実績集はダウンロードしてご覧ください。

上へもどる