政策集

多くの方から『良いまちですね』と言われ、世界各国の方々にも訪れていただける鎌倉。歴史的文化遺産と豊かな自然に恵まれ、唯一無二のまちとして多くの人に愛されてきました。

それでは、人々から愛されているこのまちの未来は明るいものでしょうか?

 

~住みたい、住み続けたいまち「鎌倉」の実現~

社会が大きく転換するこの時代において、次の4年間は鎌倉市にとっても市民の皆様にとっても、重要な4年間になることは間違いありません。

私は、8年間、鎌倉市長を勤めた経験から、現状の鎌倉市の課題と市役所の問題点を、誰よりも熟知し、改革の辛苦を痛感しております。

例えば、市役所組織に存在する前例踏襲主義や事なかれ主義は、市役所の給与体系や人事評価制度にも要因がありましたので、給与制度等を全面的に見直しするなど、この抜本的改正に取組み、市役所改革の下地を築いてきました。

また、ここ数年、多くの市役所職員の不祥事を発生させてしまい、市民の皆様の信頼を失ったことは誠に遺憾であリます。現在、その反省から、組織の立て直しをして『市民の皆様の期待に応えられる市役所』に生まれ変わるべく、厳格なる市役所組織改革に全力で取り組んでおリます。

そして、さらなるコンプライアンスの徹底を図ると共に、オープンガバメントとして可能な限り情報を公開して、責任を明確にするとともに、行政改革を断行して無駄を省き、電子行政の推進などにより利便性の高い公共サービスを実現することによって、さらにコンパクトな市役所を目指します。

これら、地道な取組みの延長にこそ、真の改革実現があると確信しています。

また、改革には人財が必要です。私は、これまで以上に鎌倉の英知を集め、また鎌倉に人財を集め、共に汗をかき《鎌倉の未来ビジョン2021》の実現に向けて、全てを懸けて市民の皆様と共に歩む覚悟です。

未来ビジョン2021鎌倉

基本マニフェスト。
鎌倉市長3期目として松尾崇が考えるこれからの鎌倉の未来について
福祉政策マニフェスト

〜気づきはじめた鎌人と松尾たかしが一緒に考えた明日をつくる48の約束〜
(松尾たかし鎌倉市長×共創かまくらプロジェクト)

共創鎌倉プロジェクトFacobookページ »
市庁舎移転を深沢に

市役所本庁舎移転について
なぜ移転が必要なのか、なぜ深沢なのか、現在の市役所がある場所はどうなるのか、など、松尾崇の考えをまとめました。
鎌倉成長ビジョン

鎌倉市役所周辺と、深沢地域のまちづくりについて、松尾崇の考えを絵にしてみました。

鎌倉は、歴史を大切にしながら、これまでも継続的に発展してきました。そこには、つねに新しい社会を想い描き、創り出す気風、そしてそれを受け入れる器の大きさがあったからではないでしょうか。これこそが鎌倉を愛する人々や、長い歴史をもつ風土が永年受け継いできた『草創』の精神です。

先人が作り上げた鎌倉を、世界に誇れるまちへと私たちが磨いていこうではありませんか。未来につながる新しい文化と風土を創造する「鎌倉」へ。

今こそ一丸となって、未来へ突き進みましょう。
みんなが愛し、次世代へ繋げるまちへ。
そして、世界に誇る持続可能なまち「鎌倉」へ。
私、松尾たかしも突き進みます。

松尾 崇

 

上へもどる