ロードプライシング

ちょっとちょっと、聞いてよ、松尾市長。

おや、久しぶりですね。どうしました?

いとこがね、「鎌倉へ車で行くとお金を取られるから、もうキミんちには遊びに行けないや」って言ってるんだよ。これってどういうこと?

ああ、ロードプライシングですね。

どのくらい寝具? 
お布団は何枚かけるかってこと?

ロードプライシング。
簡単に言えば、特定のエリアに車を乗り入れるときに、お金をいただくという制度です。

特定のエリア? 
鎌倉市全部じゃなくて?

旧鎌倉地域です。
お正月の三が日で通行止めになるエリアとほぼ一緒と考えていただけいて、いいでしょう。

ははあ、そのエリアに来るまで行くならお金が必要なんだね。

ええ。

関所みたいだなあ。

まさしく関所ですね。そこを車で通る際には、お金を支払っていただくことになります。

でも、そのエリアの中に住んでる我が家も、いちいちお金を払わないといけないなんて、おかしいよ。

市民の皆さんはお支払いいただく必要がありません。あくまで鎌倉市の外から入ってくる車を減らすことが目的ですから。

払うか、払わないか、どうやって判断するの?

ETCを利用した仕組みを検討しています。ですから、新しく機器を導入していただくことはないと思うので、市民の皆さんにご負担いただくことなく実現できるでしょう。

でも、鎌倉市民は払わなくていいってことは、やっぱり、いとこが遊びに来るときは払わないといけないんだよね。

ええ、そこはご理解ください。

もう遊びに来てくれないかも…。おじいちゃん、おばあちゃんも「孫に会えなくなるのか」って寂しがるよ。

鎌倉市の渋滞を解消するためですから、ロードプライシングによって車の数は減り、街の中を安全に歩くことができるようになりますよ。ご家族みんなでゆっくり買い物も楽しめるようになりますから、きっと、いとこさんも喜んでくれると思います。

なるほど。そういうメリットがあるんだ。

街の中を若い人がたくさん歩いてくれるようになると商店街も活気づくし、地元が元気になっていくでしょう。楽しみにしてください。

Q&A 一覧

子育て・教育

福祉

行財政改革

街づくり

pagetop